PRODUCTS & SERVICE

事業内容

TOP | 事業内容 | OPTO 22 IIoTソリューション | groov EPICシステム

groov EPICシステム

It’s not a PLC. It’s not a PAC. It’s not a PC.
40年以上の長きにわたって世界各地の各種産業設備のオートメーションに貢献する製品を供給し続ける企業 OPTO22社が IIoT(Industrial IoT, 産業向けIoT)システムに向けて、その経験とノウハウの全てを注いで開発した製品が groov EPIC です。
EPIC とは、Edge Programmable Industrial Controller(EPIC) からの命名です。

Edge

groov EPICは、IIoTシステムのOTサイド(現場側)のネットワーク内にあって、センサーやPLCなどデバイスのデータを収集・整形・最適化するといったエッジコンピューティング機能を提供するネットワークエッジとなります。
シンプルかつ軽量でIIoTシステムに適したプロトコルであるMQTTを搭載するとともに、EPICとOTサイドのデバイス間通信、EPICからIT側クラウド・オンプレミスサーバー上の各種サービスへのデータ伝送、各々に有効な複数のプロトコルをサポートしており各デバイス間のセキュアなデータ交換を実現する役割を果たします。
搭載されているHMIツール groov Viewを利用して、CPUユニットのタッチスクリーンおよび外部のPC・タブレットなどのWebブラウザへビジュアルな情報配信を簡単に行うことができます。
 
システムアーキテクチャはこちら

Programmable

groov EPIC では下記のツール類を利用してアプリケーションの開発を行うことができます。

  • OPTO22社フローチャート型プログラム開発環境 PAC Control
  • IEC-61131準拠PLCプログラム開発環境 CODESYS
  • IIoTシステム構築に役立つパーツが"Node"という形の部品で多数公開されているオープンソースのプログラミング環境Node-RED
  • C,C++,Java などプログラミング言語による搭載OS Linuxのカスタムアプリケーション
  • ブラウザで簡単にHMI画面を作成できる groov VIEW

アプリケーションプログラム開発・実行環境、その他ソフトウェアはこちら。

Industrial

プラントや工場内の高温となる現場、海岸・山間部といった環境条件変化の激しい屋外エリア等々IIoTシステムのエッジが設置される環境は様々ですが、groov EPICは過酷なロケーションでご利用いただける装置です。

  • ステンレス製のシャーシ・ユニット類
  • 産業用途に適したクアッドコアARM CPUの採用
  • 電源断時保護機能付きファイルシステムとSSDディスク採用
  • 動作温度範囲 -20℃ ~ +70℃

Controller

groov EPICは、IIoTシステムのネットワークエッジとして機能するのみならずOTサイドのコントローラーとしてもご利用いただけるよう以下のポイントを有しています。

  • リアルタイムエクステンション適用のLinux OS
  • 独立したGigabit Ethernet 2ポートを搭載しOTサイド・ITサイド各々安全にネットワークセグメントを構成可能
  • キーボード・マウス・シリアル通信ポートなどの用途で利用可能な 2ポートのUSB
  • セットアップやトラブルシュートに加えてアプリケーションのHMIとしても利用可能なタッチスクリーン
  • 外部モニター接続用HDMIポート
  • 多くの信号に対するインテリジェントI/Oモジュール

 
I/Oモジュールについてはこちら。